チラシの印刷と広告と消費者の考え方

チラシの印刷ということでは、チラシ自体の広告としてのインパクトも重要です。
それは消費者がチラシをどのように見ているかでもわかります。
いくら優秀な業者に依頼して完璧に印刷をしても、それ自体の価値が低ければ、消費者は見向きもしないということになります。
もともと面倒なことを嫌がるのが消費者です。
自分も消費者ですが、自分を見てみるとよくわかります。
広告はある意味でも面倒な余計なものというイメージがあります。
それを克服して、興味を持ってもらうようにするということでは、ちらっとでも見た時に、興味を持つような出来でないと難しいということになります。
他のものと変わらないということでは、新聞の折り込みでも、ポスティングでも、まとめて捨てられてしまうのが落ちということになります。
ですので、消費者の考え方をよく理解して、手に取ってちらっと見て捨てられてしまうものかどうかということも判断しないといけないということになります。